【ラヴィット!】GWに家族と行きたくなる屋内型アミューズメントパークランキングTOP3!ラヴィットランキング(4月28日)

未分類

2022年4月28日のTBS系列「ラヴィット!」の「ラヴィットランキング」で、GWに家族と行きたくなる屋内型アミューズメントパークランキングTOP3をやっていました。

詳しく紹介しますね。

カミナリさん、ネルソンズさん、守屋麗奈さん(櫻坂46)、山﨑天さん(櫻坂46)、鈴木美羽さんが、屋内型アミューズメントパークで実際に楽しく遊んでいました。

 

屋内型アミューズメントパークランキングTOP3

今回ランキングを決めたのはこちらの3名です。

  • せきぐちあいみさん VRアーティスト
  • 山野智久さん アソビュー代表
  • 松田優幸さん 消費者経済総研

 

3位 リトルプラネット

第3位はグランツリー武蔵小杉にオープンしたリトルプラネットです。
プロジェクションマッピングを使った次世代型デジタルテーマパーク!

歩いたりジャンプしたりすると、床にある花びらが動き仕組みになっています。

また、スクリーンにボールを投げると、いろんな光の演出が楽しめますよ。
ミニ四駆を走らせると後ろから光がついてくる「ミニ四駆デジタルサーキット」も!

AR技術を使った未来の砂場「SAND PARTY!」は、
本物の砂をかきだすと、水が映し出されたり、砂を高く盛ると山が映し出されたりします。
山の真ん中に穴を掘ると、マグマが出ることも!

また、魔法のステッキを使えばお宝はどこかが映し出されます。
掘り出すと金が出てきて盛り上がりますよ。

「お絵かき3Dレーシング」では、
専用の紙に絵を描いてスキャンすると、乗り物になって画面に映し出されます。
描いた絵の大きさや形でパワーやスピードが変わり、何位になるのかを見ながら楽しめますね。

入場料は30分子ども600円、大人300円です。

 

コメント

  • せきぐちあいみさん「夢みたいなことが現実になる素敵な場所」
  • 山野智久さん「インスタ映えする映像美」

 

施設に入った感想

  • スクリーンがでかい!プラネタリウムみたい!
  • 近未来感

 

>>詳細はこちら

 

2位 Mr.JUMP

第2位は神奈川県相模原市にあるMr.JUMPです。
空中で遊ぶことに特化した全13種類のアトラクションを楽しめます。

アスレチック&クライミングゾーンでは、
さまざまなボルダリングをはじめ、
高いところに登るアトラクション7種類を遊ぶことが可能です。

今回は番組で出ていたアトラクションを紹介しますね。

 

アトラクション

  • ローリングジャンプ:回転バーをジャンプしてかわしながら遊ぶ
  • スパイダーウォール:マジックテープがついた服を着て壁にジャンプする
  • トランポリンダンク:高さ4mのバスケットゴールにダンクシュートができる
  • バンジートランポリン:最大高さ4mまで飛ぶことができる
  • スペシャルグライダー:高さ6mの空中散歩が楽しめる
  • ウォールトランポリン:背中でトランポリンを使い、横にある壁を歩く
  • フェイストゥフェイス:2人で向かい合ってスピードを競いながら登る

 

入場料は1時間30分で大人2,500円、子ども2,000円です。

 

コメント

  • せきぐちあいみさん「人生初の体験ができるスポット」
  • 松田優幸さん「奥が深くて戦略的、戦術的。ゲームとスポーツが融合した新しいアトラクション」

 

>>詳細はこちら

 

1位 HADO ARENA

第1位はアクアシティお台場にある4月24日オープンのHADO ARENAです。

HADOとは、ARを駆使して戦う最新スポーツゲームのこと。
競技人口全世界350万人以上です。世界大会も開かれるほど大人気です。

「HADO ARENA」ではHADOの専用コートがあり、頭と利き腕に専用の装置を付けます。

腕を前に出すと発射されるエナジーボールを使って、
相手にある4枚のライフを全て破壊すると1ポイント。

制限時間80秒でより多くポイントを取った方の勝利です。
延長戦に入ったら先に1ポイントを取ると勝ちですね。

ちなみに手を下から上に上げるとシールドが出て、一時的に防御が可能。
ただし1試合でシールドを出せる数は決まっているので、戦略が必要です。

料金は、1人当たり60分2,800円です。

 

コメント

  • 松田優幸さん「全世代が夢中になるスポット」
  • 山野智久さん「高揚感がある。なかなかないスポット」

 

施設に入った感想

  • ステージ?
  • 広い!

 

>>詳細はこちら

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回はGWに家族と行きたくなる屋内型アミューズメントパークランキングTOP3をご紹介!

ぜひ楽しんでみてくださいね!

未分類

Posted by maruko