森田理香子の現在!結婚や旦那はいる?実家や兄弟!出身高校を調査

ゴルフ

日本の女子プロゴルファーとして2018年まで活躍していた森田理香子さん。

2008年から2018年までプロゴルファーとして数々の大会に出場していた森田理香子さんは、

2013年には賞金女王になるほど大活躍をしていました。

今回は、そんな森田理香子さんのプロフィールや現在の状況について探っていきます。

森田理香子のプロフィール

まずは森田理香子さんのプロフィールを見ていきましょう。

名前:森田理香子

出身地:京都府京都市

生年月日: 1990年1月8日

年齢:31歳(2021年7月現在)

職業:元プロゴルファー

出身高校:京都学園高等学校 卒業

所属:元リコー

引用:Wikipedia

森田理香子さんは、ゴルフ部のある京都学園高等学校を卒業しています。

京都学園高等学校は中高一貫でもあり、森田理香子さんは中学生時代もゴルフ部で活躍していました。

森田理香子の経歴

森田理香子さんがゴルフに出会ったのは、ゴルフ練習場を経営していたおじいさんがきっかけです。

8歳の頃からゴルフを始めた森田理香子さんは、中学生の頃にプロゴルファーである足立香澄さんから指導を受けるようになります。

2008年にプロテストに合格し、2009年には賞金ランキング27位に入賞。

プロになった初年度からシード権を獲得することができました。

2009年から2015年まで、7年間連続で賞金シード券を獲得しています。

そんな森田理香子さんは、2010年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」で初優勝を果たします。

2012年には「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で2勝目をあげ、

2013年には「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で3勝目を飾りました。

同じ年に、関西出身選手として初となる賞金女王の称号も手にしています。

順風満帆だった森田理香子さんですが、2016年には当たり前にできていた動作が、

ある日突然できなくなる症状がある「イップス」という病を発症してしまいます。

その年は賞金ランキング69位と落ち込み、賞金シード権をすべて失ってしまいました。

そのことから2018年のシーズン中に休養に入った森田理香子さんは、

そのまま事実上の引退状態としてゴルフ界から姿を消してしまいます。

しかし、2019年の「樋口久子 三菱電機レディス」では一ノ瀬優希さんのキャディーを務め、

元気な様子を見せてくれました。

森田理香子の現在!結婚や旦那はいる?

ツアーから離れた森田理香子さんですが、テレビの解説や取材を受けたりと公の場での活躍を続けています。

現在はゴルフウエアのプロデュースをはじめており、ゴルフに関連した現状を過ごしているようです。

SNSではゴルフ姿もアップされているので、今でもゴルフをプレーしていることがわかります。

そんな森田理香子さんは結婚について公表しておらず、SNSでもそういった情報は見受けれられませんでした。

しかし、2019年の5月に写真週刊誌フライデーでキックボクサーである皇治さんとの熱愛が報じられています。

同棲中との噂もあるので、もしかしたら結婚間近の関係かもしれませんね。

森田理香子の実家

森田理香子さんの実家はゴルフ練習場です。

森田理香子さんが子供の頃から、おじいさんが経営されています。

森田理香子さんにとってはゴルファーになるきっかけになった場所でもあるこの練習場ですが、

2018年に閉鎖されてしまったようです。

2018年は森田理香子さんが事実上引退した年でもあるため、

練習場の閉鎖もきっかけのひとつになったのかもしれません。

森田理香子の兄弟は?

森田理香子さんには森田恭平さんというお兄さんが一人います。

2009年には森田理香子さんのキャディーも務められている森田恭平さん。

二人の中の睦まじさがうかがえます。

まとめ

2018年までプロゴルファーとして大活躍していた森田理香子さん。

イップスという病気にかかってしまい、残念ながら事実上引退状態になっています。

しかし、メディアへの出演やゴルフウェアのプロデュースなど、新しいチャレンジもたくさん始めているようです。

彼女のSNSにはプレー動画も上がっているので、ゴルフとは切っても切れない縁だということがわかります。

今後の森田理香子さんの活動に期待したいですね。

ゴルフ

Posted by minami373